Main Contents

TYNANT(By モラタメ)(1)

グッスミン (By モラタメ)(3)

1日分の緑黄色野菜スープ(By モラタメ)(1)

Cook Do®飯店炒飯(By モラタメ)(1)

銀座シチュウ ホワイト(By モラタメ)(1)

こどものサプリ マルチビタミン(By モラタメ)(1)

つぶやき(213)

IT関連ニュース(42)

Windows Tips(Windows全般)(22)

Windows Tips(IE設定編)(6)



2006年07月30日

警官の悪巧み??

昨日、車を運転中の出来事なんですが、

私が国道を走行中に、前に数台の車が走っていたんです。

車間距離は100m近くは空いていたと思います。

そうしたら、いきなり横道に隠れていた(と思われる)

白バイ警官が現れて、前を走ってた数台の車を

停止させて、スピード違反のキップを切っていました。

スピードにしたら、70kmくらいだったと思われます。

走っていた道路は60km制限だったので、僅か10km超過。

それなのに、キップを切るなんてどうかしてますよね?

幸い私は後ろを走っていたため、ご厄介にならなかったのですが、

そういう光景を目の当たりにするだけで、

やるせなくなります。

多少のスピード超過なら誰でもやってると思うし。。。

これが30kmオーバーだったら、確かにわからなくもないけど。

円滑な走行とか考えたら、10km強超えなら

ある意味日常茶飯事のような気がするけどなぁ。

しかも、隠れて取り締まりを行っているってのが、

またいやらしい。。。

交通安全の一貫で取り締まりするのもわかるけど、

それなら、夜中に爆音鳴らして走ってる車の

一台でも捕まえて欲しいものです。

って今回はちょっと愚痴ってしまいました(反省)。



 応援よろしくお願いします!

  blogランキング    ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by たいほん at 11:03 | Comment(6) | TrackBack(0) | つぶやき
この記事へのコメント
たいほんさん、こんにちは!
あきれすです^^

警察官も人間なんだなぁと思わせるようなお話ですね。

というのは、100Kmで走ってるクルマを白バイで追いかけて、取り締まるよりも、たいほんさんが書かれているようなケースを取り締まる方が作業効率がいいからです(笑)

うちの側の道路には、駐車禁止のクルマが何台も止まっていますが、なぜかミニパトが通っても取締りません。
通ってクルマのナンバーを呼ぶだけで、素通りです。
そんなのには、かまっていないで、もっと効率のいい標識を見落としがちなところに行って、隠れていて現行犯逮捕なんていうのが多いようです。

警察官もノルマを抱えた営業(ウー)マンのようで怖いですね。
Posted by あきれす at 2006年07月30日 11:24
こんにちは西川です。

ほんと隠れて取り締まるのをやめさせる良い方法ないんでしょうか?

ここベトナムでは、何の違反で止められるのか

よく解らないけど、よくつかまります。

警察官が法律、そんな感じです。
Posted by たけし at 2006年07月30日 12:26
この手の話。
よく聞きますよぉ〜(*_*;
10キロ程度で切られたとか
60キロで走っていたのに・・・とか。
もちろん、
違反は違反なんだけど
「見逃してよぉ〜」と思わず言いたくなるような
スピードオーバーですよね((((((^_^;)
Posted by xich-lo at 2006年07月30日 22:05
あきれすさん。。。

駐禁を取り締まらないのは
札幌も同じです。
ただ、6月から民間委託された事もあって
多少はマシになったような気もします。
まぁ、いずれにせよ警察の都合の良いように
なってる気がしますよ。
Posted by たいほん at 2006年07月30日 22:25
たけしさん。。。

ベトナムでの自動車事情はどんな感じですか?
警察官=法律ってことは
日本より厳しそうですよね。
Posted by たいほん at 2006年07月30日 22:27
xich-loさん。。。

違反に目をつぶって欲しいというと
確かに場違いになりますが、
でも、円滑な交通を考えたら
少し位は見逃して欲しいですよね。
と言いつつ警官もプライベートでは
少しはスピードオーバーしてる気がする。。。
Posted by たいほん at 2006年07月30日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。