Main Contents

TYNANT(By モラタメ)(1)

グッスミン (By モラタメ)(3)

1日分の緑黄色野菜スープ(By モラタメ)(1)

Cook Do®飯店炒飯(By モラタメ)(1)

銀座シチュウ ホワイト(By モラタメ)(1)

こどものサプリ マルチビタミン(By モラタメ)(1)

つぶやき(213)

IT関連ニュース(42)

Windows Tips(Windows全般)(22)

Windows Tips(IE設定編)(6)



2007年01月24日

サイレン久々に聞いたなぁ…

学生時代、京都で生活していたことは以前にも書きましたが、

卒業後、もうすぐ10年が経ちます。

学生時代、あちこちで聞いていたパトカーのサイレンは、

ここしばらく聞いていなかったのですが、

今日朝の通勤時に久々に聞きました。

何の事件、事故があったかのは全くわからないですが、

個人的にふと京都にいた時期が懐かしく思えてきました。

北海道の警察は殆どパトカーはサイレン鳴らさないですからね。

鳴らすのは、救急車や消防車くらいです。


で、パトカーのサイレンといって、真っ先に思いつくのは

交通違反なんです。

京都にいたころは、あちこちで交通違反を見かけ、

その度にサイレンの音を聞いていたように思います。

その中でも最たるものが、車の信号無視。

思えば、京都が特例なのかわからないですが、

夜9時か10時を過ぎると、信号機が急に変わるんです。

昼間は普通の信号機なのに、

夜になると、メインの通りの信号機は、

黄色の点滅に変わり、

これに交差する通り側の信号機は

赤色の点滅に変わる。

はじめてこれを見たときは、ビックリしましたよ。

一応法規上では、黄色信号のほうが優先度は高いまでも、

赤色信号側も一時停止などして、

気をつけて進むことはできるってことですからね。

あ、因みに、メインの通り同士が交差する場所では、

さすがに信号は両者とも通常表示になってます。


でも、交通事故ワースト上位に位置する北海道で、

点滅信号はまず考えられないです。

赤色点滅側から来る車が一時停止をせずに徐行しながら

交差点に進入して、事故が発生する光景は

何度か京都で見たことがあり、

この度にパトカーがサイレン鳴らして現場に来ていたことを

ふと思い出しました。

土地柄が違えば、信号機一つとっても扱いが違うのには、

かなり違和感があります。

他にも、京都ではこんな(↓)標識も見かけました。





北海道では見たことがないですが、

この標識は「左折可」という標識で、

「一方通行」とは逆の色使いをしています。

他の殆どの標識は禁止や注意を促すことを

目的にしているのに対して、この標識だけは

ドライバーの自主的な判断に任せて

許可をしているんだそうです。

メインの通り同士が交差する箇所でも、

京都では何箇所か目にしたことがあります。

でも、この標識が原因で事故も見かけたことが

あります。

こういう標識があると、信号の意味も半減するような

気がするのは私だけでしょうか??


皆さんの住んでる地域はどんな感じですか?


==========================

前回のクイズの答え

あるほうのものは、「対になって意味をなすもの」でした。

単独では、何の意味もないってことですね。

==========================

今回のクイズ

今回は2問出題します。


問1 あるなしクイズ
  (あるほうに共通するものは何でしょう?)

難易度 ★★☆☆☆


ある    なし
-----------------------------------
午後    夕方
テレビ   ラジオ
便所    紙
紀元前   世紀末


ヒント:くっつきや隠れではないです。



問2 下の六角形ABCDEFを4等分して下さい。

※ 下の図形はAB = AF = EF = ED、
  およびBC = DCで、AFの長さはBCの半分です。





 応援よろしくお願いします!

  blogランキング    ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by たいほん at 23:03 | Comment(10) | TrackBack(0) | つぶやき
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。