Main Contents

TYNANT(By モラタメ)(1)

グッスミン (By モラタメ)(3)

1日分の緑黄色野菜スープ(By モラタメ)(1)

Cook Do®飯店炒飯(By モラタメ)(1)

銀座シチュウ ホワイト(By モラタメ)(1)

こどものサプリ マルチビタミン(By モラタメ)(1)

つぶやき(213)

IT関連ニュース(42)

Windows Tips(Windows全般)(22)

Windows Tips(IE設定編)(6)



2007年01月06日

ウィルス対策してますか?

3ヶ月ぶりの「Windows Tips」の更新です。


さて、新年早々、顧客のところでウィルス騒ぎがありました。

ウィルスと言っても、今流行のノロウィルスではなく、

PCのウィルスのほうです。

その顧客のマシンは、アンチウィルスソフトは入れてたのですが、

定義(パターン)ファイルを更新しないままで、

PC購入時の状態そのままで使っていました。

これだと、何も入れてないのと全く同じで、

定義ファイルを更新してはじめて、対策をしてると言えます。

なぜ、更新が必要かというと、ウィルスは日々進化していて、

しかも数も増えてることもあって、これらに太刀打ちするには

定義ファイルを更新しないと、無力となってしまうからです。

このほかにも、スパイウェアやアドウェア、キーロガーと呼ばれる

個人情報窃盗プログラムなるものも多数出回っています。

最近だとウィルスよりもむしろ、スパイウェア等の方が悪質です。

特に個人情報保護の観点からしても、PC利用者にとっては

大敵ですよ。

インターネットバンキングを利用してる方だと気づいている方も

いると思いますが、最近ではソフトウェアキーボードの導入も

盛んに行われています。

ソフトウェアキーボードというのは、仮想的なキーボードを画面表示し、

そのキーをマウスでクリックすることで入力するというものです。

これも厳格な意味で言うと、100%安全というわけではないですが、

通常のキーボードからの入力に比べ、はるかに安全性は高いです。


で、これらのソフトを使用する上でどの程度お金がかかるかという話ですが、

無料のものもあれば有料のものもあります。

ただ、無料のものは殆どが外国産なため、英語表記なものが多いです。

それでも定義ファイルの更新およびソフトは無料で使えるので、

使っている人の話を聞くと、満足してるっていう話もよく耳にします。

無料のソフトであれば、

アンチウィルスソフトは、「AVG Anti-Virus」や「avast! 4」、

スパイウェア対策ソフトは、「SPYBOT」が有名ですね。

これらの詳しい情報はYahooやGoogleなどでこれらを

キーワードに検索するとすぐ見つかるので興味のある方は見てみて下さいね。


因みに私はトレンドマイクロ社の「ウィルスバスター」を使っています。

これは有償なのですが、昔から使っていることもあって馴染みがあり、

日本語で使い勝手も良いのでこれを使っています。

昨年の秋に出た「ウィルスバスター2007」では、

スパイウェア対策とアンチウィルスソフトがセットになったので、

管理する上でも非常に便利です。

試しに使ってみたい方は30日期間限定版というのがあるので、

まずはこれを使ってみて、それで気に入れば購入するのも手ですよ。

因みに今月の15日までなら、1年分の年会費が3,150円です。

16日以降は、1年分の年会費が4,725円になります。

お金かけるのはちょっとと思う方もいるとは思いますし、

常駐するため、動作は少し重くなるのはありますが、

何かあった時の保証という意味で考えると、用意しておいて

絶対損はないと思います。

1年分の年会費を払えば、最大3台のマシンまでインストールして

使用することができるので、複数のPCがある方は更にお得ですよ。




 応援よろしくお願いします!

  blogランキング    ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by たいほん at 08:49 | Comment(6) | TrackBack(0) | Windows Tips(Windows全般)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。